野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 驚異のポテンシャル…最速156キロの剛腕16歳登場に ファン「この投手を早く見たい」

驚異のポテンシャル…最速156キロの剛腕16歳登場に ファン「この投手を早く見たい」

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球が19日開幕。一方、メジャーリーグは未だに開幕が不透明な状況が続いているが、ここで過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは番外編として、日本以外の名場面を紹介する。これを見て、少しでもファンの方々が心を癒していただければ幸いだ。

現在はレイズ傘下でプレーするサンディ・ガストン【写真:Getty Images】
現在はレイズ傘下でプレーするサンディ・ガストン【写真:Getty Images】

現在はレイズのマイナーでプレーするサンディ・ガストン投手

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球が19日開幕。一方、メジャーリーグは未だに開幕が不透明な状況が続いているが、ここで過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは番外編として、日本以外の名場面を紹介する。これを見て、少しでもファンの方々が心を癒していただければ幸いだ。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 年々上がる投手の球速。2018年2月、ドミニカで行われた「MLBインターナショナルショーケース」で、当時16歳のサンディ・ガストンが97マイル(約156キロ)の剛速球を投じた。米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」では、公式YouTubeにその時の映像を投稿している。

 米TV局「ESPN」のカイリー・マクダニエル記者は自身のツイッターで「16歳のキューバ人右腕サンディ・ガストンは球団と契約する許可をMLBから得ている。彼は1イニングで94~96マイル(約151~154キロ)を常時投げており、97マイル(156キロ)に達した時もあった。そしてカーブとチェンジアップも見せた。面白い!」とこの剛腕高校生を紹介。MLB公式も「ショーケースが海外の有望株を引き寄せる」との見出しで220人以上のスカウトが視察に訪れたことを伝えている。

 驚愕の剛速球に、ファンからは「間違いなく彼は発展途上で、16歳だけどポテンシャルがあるのは間違いない」、「将来コントロールを身につけたこの投手を早く見たい」、「キューバのリック・ボーン」と絶賛の声が上がっていた。ガストン投手はその後、2018年11月にレイズとマイナー契約を結んでおり、今後メジャーの舞台に上がってくる日が期待される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」