【始球式名場面】2球で追い込む神投球! 稲村亜美対ロッテ平沢、勝負の行方は?

始球式に登場したタレントの稲村亜美さん【画像:パーソル パリーグTV】
始球式に登場したタレントの稲村亜美さん【画像:パーソル パリーグTV】

ファンイベント「スーパーマリンフェスタ2016」で平沢と一打席真剣勝負を行った

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球が19日開幕。ファンにとって待ちに待ったシーズンがいよいよ幕を開ける。試合の幕開けといえば始球式。開幕を祝し、過去の名場面を楽しんで見てはいかがだろうか。ここでは「パーソル パ・リーグTV」でも公開されている、過去に行われた試合を彩る始球式を紹介。これを見て少しでもファンの方が楽しんでくれたら幸いだ。

 2016年11月23日、QVCマリンフィールド(現ZOZOマリンスタジアム)で行われたファンイベント「スーパーマリンフェスタ2016」。この日、平沢大河内野手と一打席の真剣勝負を行ったのは、神スイング&神ピッチングでおなじみの野球タレント・稲村亜美さん。「熱血スポーツ応援団!」と書かれたユニホームにホットパンツ姿でマウンドに上がると、まずは球団マスコットのマーくんを相手に頭をかすめる大暴投を投じ会場を沸かせた。

“前座”が終わり、いざ真剣勝負。打席に平沢を迎えると、初球、内角低めに決まる直球でまずは空振りを奪う。続く2球目は外角低めへ103キロの直球で見逃しとし、わずか2球で追い込むと後がない平沢は3球目をスイング。これがファウルとなり、白熱した対決が続く。

 ところが、稲村さんが突如制球を乱し、そこから暴投を連発。これを平沢が異次元のバッティングでカットし続け、最後は空振り三振を喫した。

 稲村さんと平沢の“真剣勝負”には、ベンチで見ていたロッテナインも観客も大盛り上がりだった。

【動画】稲村亜美さんと平沢の一打席真剣勝負 最後まで目の離せない攻防に注目だ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY