野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹のベテラン長谷川がチーム救う超美技 ダイビングヘッドで地面スレスレキャッチ

ソフトバンクの長谷川勇也外野手が、チームを救うビッグプレーを見せた。19日、シーズン開幕戦となるロッテ戦。7回に華麗なダイビングキャッチを披露した。

ソフトバンク・長谷川勇也【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・長谷川勇也【写真:福谷佑介】

レアードの痛烈なライナーをダイビングヘッドでキャッチ

■ソフトバンク – ロッテ(19日・PayPayドーム)

【オンラインイベント】「Full-Count Presents ソフトバンク担当記者と“延長戦” 今日の勝負のポイントを語ろう!」開催のお知らせ

 ソフトバンクの長谷川勇也外野手が、チームを救うビッグプレーを見せた。19日、シーズン開幕戦となるロッテ戦。7回に華麗なダイビングキャッチを披露した。

 この回先頭の荻野が二塁打を放ち出塁。続くレアードの打席だった。ソフトバンク3番手の岩嵜からレアードが放った打球は左中間への痛烈なライナーとなった。痛烈な当たりに二塁走者の荻野はヒットを確信し、スタートを切った。

 だが、この当たりに長谷川が猛然とダッシュ。頭から思い切り突っ込むと、落下点スレスレでボールを掴み取った。見事なダイビングキャッチに飛び出していた荻野は当然、戻れず。二塁でアウトにし、併殺を完成させた。落ちれば先制点を献上する場面。チームを救うプレーだった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」