野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、2年連続で開幕戦延長サヨナラ勝ち 2番抜擢の栗原が劇的サヨナラ打

ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで開幕戦のロッテ戦を戦い、延長10回劇的サヨナラ勝ちを飾った。昨季も延長戦の末に開幕戦でサヨナラ勝ちをしており、2年連続での延長サヨナラ勝ち発進となった。

2年連続で開幕戦延長サヨナラ勝ちを決めたソフトバンク【写真:藤浦一都】
2年連続で開幕戦延長サヨナラ勝ちを決めたソフトバンク【写真:藤浦一都】

8回に先制したソフトバンクだったが、9回に森が同点に追いつかれる

 ■ソフトバンク 2-1 ロッテ(19日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで開幕戦のロッテ戦を戦い、延長10回劇的サヨナラ勝ちを飾った。昨季も延長戦の末に開幕戦でサヨナラ勝ちをしており、2年連続での延長サヨナラ勝ち発進となった。

 ソフトバンクは8回、1番に起用された上林が右翼線への二塁打で出塁。2番に抜擢された栗原が左前安打で続くと、柳田が左翼への犠飛を放って待望の先制点を奪った。だが、9回にマウンドに上がった守護神の森が内野安打と盗塁、四球で2死一、二塁とされると、中村奨に中前適時打を許して同点に追いつかれた。

 そのまま試合は延長戦へ。ソフトバンクは延長10回、先頭の明石が右前安打で出塁すると、牧原が犠打を決めて得点圏に走者を進める。2死三塁となると、ここで打席に入った栗原がロッテの小野から中前へと弾き返すサヨナラ適時打を放って試合を決めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」