野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹6年目の栗原が劇的サヨナラ打 ド緊張の試合前に工藤監督からかけられた言葉

ソフトバンクが19日、2020年シーズンの開幕戦で劇的なサヨナラ勝ちを飾った。同点で迎えた延長10回に、初の開幕スタメンで「2番・一塁」に抜擢された栗原陵矢捕手が劇的なサヨナラ打を放った。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

劇的な一打にヒーロインタビューで「嬉しかったという一言に尽きます」

 ■ソフトバンク 2-1 ロッテ(19日・PayPayドーム)

【オンラインイベント】「Full-Count Presents ソフトバンク担当記者と“延長戦” 今日の勝負のポイントを語ろう!」開催のお知らせ

 ソフトバンクが19日、2020年シーズンの開幕戦で劇的なサヨナラ勝ちを飾った。同点で迎えた延長10回に、初の開幕スタメンで「2番・一塁」に抜擢された栗原陵矢捕手が劇的なサヨナラ打を放った。

 同点で迎えた延長10回、先頭の明石が右前安打で出塁すると、牧原が犠打を決めて得点圏に走者を進める。2死三塁となると、ここで打席に入った栗原がロッテの小野から中前へと弾き返すサヨナラ適時打を放って試合を決めた。

 初の開幕スタメンで劇的な活躍を見せた栗原は試合後のヒーローインタビューで「開幕スタメン目標にやってきて嬉しいですし、ファンの人がいないのが寂しいですけど勝ててよかった。初めは緊張して思うような打撃ができなかったですけど、先輩たちが声をかけてほぐしてくれて、最後はなんとかと思って入りました。嬉しかったという一言に尽きます」と語った。

 試合前から緊張の色が滲んでいた栗原。工藤監督からは「とにかく楽しめ。なにがあっても責任は取ってやる」と声をかけられ、先輩たちからも「とにかくいけ、思い切ってスイングしていけ」と声をかけてもらっていたことを明かした栗原。8回にも安打を放っており、開幕戦から2安打の活躍。今季のブレークを予感させる開幕戦の活躍だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」