野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ山本由伸の8回10K快投を米メディア大絶賛 「えげつない」「チャンスなし」

オリックスの山本由伸投手が米メディアからも大絶賛されている。21日の楽天戦(京セラドーム)で今季初先発し、8回3安打無失点。10奪三振で二塁も踏ませない圧巻の投球だった。ドジャース専門メディア「ドジャース・ダイジェスト」のダニエル・ブリム記者は自身のツイッターで球界の新エース候補を大絶賛した。

オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

ドジャース・ダイジェストのブリム記者がオリックス山本由伸の投球を大絶賛した

■オリックス 4-0 楽天(21日・京セラドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスの山本由伸投手が米メディアからも大絶賛されている。21日の楽天戦(京セラドーム)で今季初先発し、8回3安打無失点。10奪三振で二塁も踏ませない圧巻の投球だった。ドジャース専門メディア「ドジャース・ダイジェスト」のダニエル・ブリム記者は自身のツイッターで球界の新エース候補を大絶賛した。

 米メディア「ジ・アスレチック」の記者だったブリム記者は山本の投球を初めて観戦したようだ。落差のある変化球で楽天ブラッシュから空振り三振を奪う場面をGIF画像で紹介し、「今日はスプリットが(山本の持ち球の中で)最高の球種。けど他の球種もなかなか良さそうだ」と紹介。「さらにヨシノブ・ヤマモトのコンテンツを」と大きなカーブなどの画像もアップ。「えげつない球だ」と大絶賛し、こう綴っている。

「今日は基本的にイーグルスは(勝つ)チャンスはなかった。ヤマモトは完全にゾーンに入っている」

 昨季防御率1.95でタイトルを獲得した高卒4年目の21歳。大リーグ開幕が見通せない中、米メディアからも熱い視線を注がれる存在となりそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」