野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

コロナ禍で迎えたプロ野球開幕 無観客試合で求めた「臨場感」とそれぞれの音

特別な開幕戦となった6月19日。野球のある生活が戻ってきた。7月10日からは観客を入れることを目指していくという。コロナ禍で迎えたプロ野球。各球団、球場ともに様々なところに配慮して、迎えた開幕だった。実際に球場の中に入って記者が聞いて、感じた「音」について伝えたい。

無観客のスタンドには球音が響いた【写真:荒川祐史】
無観客のスタンドには球音が響いた【写真:荒川祐史】

開幕3連戦を終え、ホームの利を生かして巨人は12球団唯一の3連勝、パはビジターが勝ち越し

 特別な開幕戦となった6月19日。野球のある生活が戻ってきた。7月10日からは観客を入れることを目指していくという。コロナ禍で迎えたプロ野球。各球団、球場ともに様々なところに配慮して、迎えた開幕だった。実際に球場の中に入って記者が聞いて、感じた「音」について伝えたい。

【画像】純白のドレスに身を包んだ美しい妻 夫のDeNAオースティンも“うっとり”したステファニーさんの写真

 リーグ連覇を目指す巨人は阪神を相手に本拠地・東京ドームで3連勝を飾った。東京ドームの場内演出は多岐に渡った。ユニホームなどが座席にかけられ、オレンジと黒に染まった。プレーボールの直前には「六甲おろし」と「闘魂込めて」が順番に応援団の映像つきで流れた。試合中は本拠地の巨人だけでなく、阪神ファンの応援メッセージも表示。“おウチ観戦”するファンと時を共有するためだった。

 巨人が得点圏に走者を進めると、誰もいないはずのスタンドから“声援”が……巨人のチャンステーマ「バタフライ」が聞こえてきた。場内のスピーカーから発せられた“声援の録音”はライブ映像でもはっきりと届いていた。得点が入れば、ファンがオレンジタオルを回して、盛り上がる「ビバ!ジャイアンツ」も流れ、新外国人選手のパーラの時には動揺「ベイビー・シャーク」が流れ、両手を上下に小刻みに動かす「サメ・ダンス」を愛らしく踊る助っ人の姿も映し出された。

 他にも球団のインスタライブでは「ジャビット&ヴィーナス放送席」と題して、球団マスコットキャラクターとダンスで魅了するマスコットガールらが、巨人のキャンプ中継などを実況する阿出川浩之アナと一緒に東京ドーム内の空気感をトークと華麗なダンスで伝えた。インスタライブにはのべ2万人が参加。読売巨人軍・営業企画部の坂東秀憲さんは「いかに臨場感を味わってもらえるか。こういう時だからこそ、ファンの皆様のことを一番に考えないといけません」とスタッフ一丸となって、ファンを楽しませるための「臨場感」を求めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」