開幕ロースター30人、トレード期限は8月31日…今季の特別ルール明らかに

特別ルールも次々に明らかに【写真:Getty Images】
特別ルールも次々に明らかに【写真:Getty Images】

ポストシーズンでプレーするためには9月15日までにロースターに入らないといけない

 新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期となっていた米メジャーリーグ。MLB機構が決めた強行開催案に選手会側も合意したことで、7月24日(日本時間25日)の開幕、60試合制でシーズンが開催されることになった。7月1日(同2日)からキャンプがスタートする。

 機構側と選手会側が合意し、開幕の方向性が出たことで、2020年シーズンにおける特別ルールも次々に明らかになってきた。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のジェイソン・スターク記者は自身のツイッターで、今季のルールを詳報している。

 まず、今季のトレード期限は従来から延長されて8月31日(同9月1日)になるという。ポストシーズンでプレーするためには9月15日(同16日)までにメジャーの40人枠ロースターに入っていなければならない。また、シーズン開幕時のアクティブロースターは30人に拡大され、2週間後に28人、4週間後に26人に減少していく。遠征時には最大3人の控え選手(3人の場合、1人は捕手)を帯同させられる。また凍結されていたトレードなどの移籍は26日の米東部時間正午をもって解禁される。

 また米全国紙「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者によると、試合前や試合中に選手同士は6フィート(約1.8メートル以内)に近づいてはならない、妊娠中の配偶者がいるなどリスクの高い人と暮らす選手がプレーを拒否することができる、などの健康・安全プロトコルに関しても、合意したと伝えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY