野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・辻監督の苦悩は今季も? 手薄な先発ローテ、鍵は2人のドラ1の成長

パ・リーグ3連覇を狙う西武は24日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦に6-9で競り負けた。極端な“打高投低”の傾向は今季も変わらない。とりわけ先発投手陣の整備が思うに任せず、辻発彦監督の苦悩は続く。

西武・高橋光成(左)と今井達也【写真:荒川祐史】
西武・高橋光成(左)と今井達也【写真:荒川祐史】

12安打7失点の今井を擁護、勝利投手の高橋光には苦言

 パ・リーグ3連覇を狙う西武は24日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦に6-9で競り負けた。極端な“打高投低”の傾向は今季も変わらない。とりわけ先発投手陣の整備が思うに任せず、辻発彦監督の苦悩は続く。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日先発した4年目の今井達也投手は1回、自慢の速球を狙い打たれ、上林の3ランなどでいきなり1イニング4失点。2回以降は毎回走者を背負いながら追加点を許さなかったが、味方打線に逆転してもらって2点リードで迎えた6回に再び炎上する。1死一、二塁で今宮に真ん中高めの甘いカーブを左翼席へ放り込まれ、痛恨の逆転3ラン。5回2/3で12安打3四球7失点に終わった。

 今井は公式戦開幕前の練習試合で、自己最速タイの155キロを連発するなど好調ぶりを披露。ファンの間では「“ダルビッシュ感”にあふれている」「細ダルビッシュ」との声が上がっていただけに、まさかの期待外れに。さらに意外だったのは、試合後にてっきり“ボヤキ節”を奏でると思われた辻発彦監督が、最大限に今井を擁護したことである。

「(今宮に逆転3ランされた)あのカーブは失投だったね。ホームランだけはダメな場面だったので、そういう所は反省材料」と指摘しつつ、「でも、開幕前から非常に調子が良くて、昨年の今井とは全然違うピッチングを見せてくれたと思う。初戦ということで緊張していただろうし、その中で成長した部分が見えた気がします。ストライクを取ることに汲々としていた昨年とは違い、コントロールがよくなったし、ピンチでもだいぶ腕を振って投げられるようになった」と称賛した。

 これと対照的だったのが、前日23日に先発した6年目の高橋光成投手に対する評価だ。5回1/3で、4安打3四球3失点と試合をつくり、勝利投手にもなったが、辻監督は「納得いかない。打線に4点取ってもらった直後、四球を2つ与えて自らピンチをつくった。もっと大胆に、打たれてもヒットなら構わないというくらい、割り切っていかないと。彼の力からすると、僕は満足できない」と手厳しかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」