野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天浅村4発、島内が5割超え 鷹バレも激変…パ週間ベストナインは?

楽天浅村4発、島内が5割超え 鷹バレも激変…パ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕したプロ野球。開幕3週目となった6月30日から7月6日までの1週間では3試合が中止となった。予備日の7月6日に組み込まれた広島対阪神も雨で流れることになった。

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン、楽天・島内宏明、オリックス・吉田正尚(左から)【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティン、楽天・島内宏明、オリックス・吉田正尚(左から)【写真:荒川祐史】

ロッテとの首位攻防戦を5勝1敗と勝ち越した楽天が好調

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕したプロ野球。開幕3週目となった6月30日から7月6日までの1週間では3試合が中止となった。予備日の7月6日に組み込まれた広島対阪神も雨で流れることになった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここでは6月30日から7月6日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第3週のベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。まずはパ・リーグ編だ。

【順位表】
1 楽天 11勝4敗0分
2 ロッテ 9勝6敗0分 2.0
3 西武 7勝7敗1分 1.5
4 ソフトバンク 6勝8敗1分 1.0
4 日本ハム 6勝8敗1分 0
6 オリックス 4勝10敗1分 2.0

【第3週パ・リーグ】
1 楽天 5勝1敗0分
2 オリックス 3勝2敗1分
2 ソフトバンク 3勝2敗1分
4 西武 2勝3敗1分
4 日本ハム 2勝3敗1分
6 ロッテ 1勝5敗0分

 第3週は好調の楽天が5勝1敗で貯金を4つ増やした。ロッテとの首位攻防6連戦だったが、強さを発揮。ソフトバンクとオリックスが今季初めて同一カード6連戦での勝ち越しに成功した。

【第3週パ週間ベストナイン】
先発 則本昂大(楽天)
救援 モイネロ(ソフトバンク)
捕手 森友哉(西武)
一塁 ロドリゲス(オリックス)
二塁 浅村栄斗(楽天)
三塁 鈴木大地(楽天)
遊撃 源田壮亮(西武)
左翼 島内宏明(楽天)
中堅 柳田悠岐(ソフトバンク)
右翼 吉田正尚(オリックス)
指名 バレンティン(ソフトバンク)

 活躍が目立ったのはやはり楽天勢か。6試合のうち4試合が2桁安打と、相変わらず打線が好調だ。島内は13安打を放ち、週間打率.520をマーク。鈴木も.423とハイアベレージをマークし、浅村は最多の4本塁打を放ち、9打点と結果を残した。

 その楽天と7日から対戦するソフトバンクでは主砲の2人が状態を上げている。特に開幕から低空飛行が続いていたバレンティンは自身の誕生日を境に激変。4試合連続のマルチ安打中で、その間、3本塁打10打点と爆発している。柳田は本塁打こそなかったが、打率.348を記録した。

 西武では森と源田の2人が状態を上げてきた。森は週間打率.261ながら、6打点と好機で一打が出るようになってきた。源田は週間打率.320に。オリックスでは左翼から週半ばに右翼へ回った吉田正が.500、3本塁打11打点と活躍。同じように一塁へ入るロドリゲスも.400、2本塁打8打点と好成績を残した。

 投手では3日のロッテ戦で7回途中まで1失点と好投した則本昂を選出。打球を右手に当てるアクシデントがありながらも、ロッテ打線を4安打に封じ、開幕から3連勝を飾った。リリーフはソフトバンクのモイネロ。第3週は4試合に登板して無失点、1セーブ2ホールドをマークした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」