左脚負傷の鷹ムーアが8日の先発を回避 6年目の笠谷が代役でプロ初先発

ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】

ムーアは7日の試合前練習で左脚を負傷して練習を切り上げていた

 日本野球機構(NPB)は7日、8日に行われる試合の予告先発投手を発表した。ソフトバンクは当初、先発予定だったマット・ムーア投手に代わって、笠谷俊介投手が先発することになった。

 今季、MLBのタイガースからソフトバンクに加入したムーア。6月30日の日本ハム戦で来日初勝利をマークしたが、7日の試合前練習中に左脚に異変を訴えて練習を切り上げ、病院へと向かっていた。ムーアは先発回避となり、笠谷はプロ6年目でプロ初先発となる。

 笠谷は大分商出身の6年目。2014年のドラフト4位で入団し、昨季までに1軍で14試合に登板しているものの、いずれも中継ぎとしての登板だった。今季は6月25日に昇格すると、7月5日の日本ハム戦にリリーフで登板している。1軍での先発登板はプロ入り後初となる。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY