鷹・千賀、いきなり自己最速タイ161キロ! 今季初先発で剛球連発も2点失う

楽天戦で今季初先発しているソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
楽天戦で今季初先発しているソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

今季初先発となった千賀は先頭の茂木に161キロを投じる

■ソフトバンク – 楽天(7日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、自己最速タイの161キロをマークした。7日、PayPayドームで行われた楽天戦。今季初先発となった千賀はいきなり初回に161キロをマークした。

 先頭の茂木に対してだった。初球に159キロをマークすると、そこから159キロを3球連発。続く4球目、ファウルとなった打球では、自己最速タイに並ぶ161キロをマークした。続く鈴木にも、左前安打されたものの、150キロ台後半を連発し、いきなり衝撃を与えた。

 だが、2死一塁から浅村に四球を与えると、島内には155キロの真っ直ぐを弾き返され、中堅の頭上を超える2点適時二塁打に。初回から2点を奪われる立ち上がりとなった。

【写真】鷹・千賀、いきなり自己最速タイ161キロ! PayPayドームに表示された「161キロ」の実際の写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY