野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、連勝3でストップ 柳田1人に3打点許し三木監督「悔しいゲーム」

楽天は7日、敵地PayPayドームで行われたソフトバンク戦に3-4で競り負け、連勝は3でストップした。試合後、三木肇監督は「柳田選手の4点目が効いたなという感じですね」と勝負を分けた4点目を悔やんだ。

楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】
楽天・三木肇監督【写真:荒川祐史】

先発の弓削が柳田に同点2ランと勝ち越し適時打を浴びる

■ソフトバンク 4-3 楽天(7日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天は7日、敵地PayPayドームで行われたソフトバンク戦に3-4で競り負け、連勝は3でストップした。試合後、三木肇監督は「柳田選手の4点目が効いたなという感じですね」と勝負を分けた4点目を悔やんだ。

 初回、今季初先発だったソフトバンクの千賀から島内が中越えの2点適時二塁打を放って先制。だが、その裏、すぐに先発の弓削が柳田に同点2ランを浴びた。2回には栗原にソロを許して1点のビハインドに。3回に浅村が3試合連続本塁打となる8号ソロを放って追いついたが、弓削が5回に柳田に適時打を許し、これが決勝点となった。

 三木監督は先発の弓削について「変化球のコントロールが操れず、立ち上がりとしては良くなかったですね。いい打者に投げきれないとああなってしまう」と語り、2ランと適時打を許した柳田への対応について言及した。

 7回には2死満塁のチャンスを作るなど、粘りを見せた楽天打線。指揮官は「粘ったんですけど、向こうにも粘られた。悔しいゲームですね。明日はまた切り替えて、浅村も状態はいいのでリセットして、明日またやってもらいたいと思います」と語り、気持ちを切り替えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」