野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

購入すれば総額2億円… なぜ鷹はキモカワ“ロボット応援団”を結成&増強したのか?

7日にPayPayドームで行われたソフトバンク対楽天戦。この試合でお披露目された、とある“応援団”の姿がプロ野球ファンに衝撃を与えた。人型ロボット「Pepper(ペッパー)」20台と四足歩行型ロボット「spot(スポット)」20台による“ロボット応援団”。レフトスタンドに設置された特設ステージで一斉にダンスする姿は大きな反響を呼んだ。

人型ロボット「Pepper」らで構成された応援団【写真:福谷佑介】
人型ロボット「Pepper」らで構成された応援団【写真:福谷佑介】

無観客のスタンドに「何かソフトバンクらしさを出したい」

 7日にPayPayドームで行われたソフトバンク対楽天戦。この試合でお披露目された、とある“応援団”の姿がプロ野球ファンに衝撃を与えた。人型ロボット「Pepper(ペッパー)」20台と四足歩行型ロボット「spot(スポット)」20台による“ロボット応援団”。レフトスタンドに設置された特設ステージで一斉にダンスする姿は大きな反響を呼んだ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 左翼席にズラリと並ぶ無数のロボットたち。ソフトバンクが点を取れば、一斉に喜びを表す動きをする。7回の攻撃前には「いざゆけ若鷹軍団」に合わせて一斉に踊る。その奇天烈な動きにファンは騒然。ツイッターなどで一躍トレンド入りするなど、まさに衝撃を与えた。

 しかし、ソフトバンクはなぜこのような“ロボット応援団”を導入しようとしたのだろうか。

 ソフトバンクでイベント企画などを担当するマーケティング企画課の貞包武課長が“ロボット応援団”結成への経緯を明かす。「無観客開催ということで、どうしてもスタンドがガランとしてしまっていて球団としても良くないな、と感じていました。応援ボードを掲出するなどいろいろな取り組みはしていましたが、その中で、何かソフトバンクらしさを出したいな、他球団との差別化を図りたいという思いがありました」。そこで発案されたのが、ソフトバンクが開発したロボット「Pepper」だった。

 6月19日からのロッテとの開幕戦3連戦で「Pepper」を5台、右翼スタンドの一角に設置し“ロボット応援団”がスタートした。この時に中継映像などで「Pepper」による一糸乱れぬダンスが注目され、SNS上でも大きな反響を呼んだ。貞包課長も「かなり大きな反応をいただき、驚きました」と言うほどだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」