野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 「取るべき態度ではない」中日捕手・マルティネスに専門家が指摘した行為とは?

「取るべき態度ではない」中日捕手・マルティネスに専門家が指摘した行為とは?

中日のアリエル・マルティネス捕手が8日に本拠地・ナゴヤドームで行われたヤクルト戦に「6番・捕手」で2度目の先発出場した。キューバ出身で今月1日に育成選手から支配下登録選手に昇格したばかり。5日の巨人戦で1991年のロッテのマイク・ディアズ以来、29年ぶりに外国人捕手としてスタメンに名を連ねた話題の男の可能性を、中日、西武、ロッテで外野手として活躍した平野謙氏に解説した。

中日のアリエル・マルティネス【写真:荒川祐史】
中日のアリエル・マルティネス【写真:荒川祐史】

サインに首振られ不満顔…「気持ちのいい態度ではない」

 中日のアリエル・マルティネス捕手が8日に本拠地・ナゴヤドームで行われたヤクルト戦に「6番・捕手」で2度目の先発出場した。キューバ出身で今月1日に育成選手から支配下登録選手に昇格したばかり。5日の巨人戦で1991年のロッテのマイク・ディアズ以来、29年ぶりに外国人捕手としてスタメンに名を連ねた話題の男の可能性を、中日、西武、ロッテで外野手として活躍した平野謙氏が解説した。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

“女房役”のA・マルティネスにとっては、試練の展開となった。3点を先行して迎えた2回、先発の山本が3安打2四球で追い付かれ、再び2点リードした4回にも、山本と2番手のドラフト2位ルーキー左腕の橋本が2安打2四球で同点とされた。マルティネスは配球に迷ったのか、4回にはたびたび自軍ベンチをのぞき込み、さらに自分が出したサインに対して投手が首を振ると、あからさまに首をひねり不満そうな態度を取るシーンがあった。

 平野氏は「ピッチャーがサインに首を振ったことに納得がいかなかったのか、ベンチの采配に対してなのかはわからないですが、いずれにせよ、投手にとっても他の味方野手にとっても、気持ちのいいものではない。チームが1つにまとまるために、取るべき態度ではないでしょう」と指摘した。

 また、3回無死一塁で、一塁走者・山田に二盗を許した際、送球が高くそれて遊撃・京田が辛くもジャンプしてキャッチした。平野氏は「投手が完全にモーションを盗まれていて、いい送球をしても間に合わないタイミングでした。今後、経験を積んでいく中で、無駄にリスクのあるプレーをしない状況判断を磨いていくことも大事でしょう」と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」