大谷翔平、復帰戦大荒れも名物実況&解説が復活太鼓判 「心配してません」

エンゼルス・大谷翔平【写真提供:ロサンゼルス・エンゼルス】
エンゼルス・大谷翔平【写真提供:ロサンゼルス・エンゼルス】

エンゼルス放送局のロハス氏、グビザ氏が復帰戦で7四球だった大谷を解説した

 エンゼルス・大谷翔平投手の二刀流は大丈夫か? 地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」で実況を務めるビクター・ロハス氏、名物解説のマーク・グビザ氏は「心配なし」と復活へ太鼓判を押している。

 大谷は7日(日本時間8日)に本拠地で行われた紅白戦で674日ぶりに試合登板。打者延べ10人に対して1安打1失点。50球で全球種を投げたが、一方で7四球と制球面に課題を残した。大荒れな復帰戦は「FOXスポーツ・ウエスト」でも大きな話題となった。番組司会者のパトリック・オニール氏が「オオタニはコントロールに精彩を欠いていましたが、そのことに驚きましたか?」と切り出すと、まずは「ビッグフライ」でお馴染みのロハス氏が切り出した。

 ロハス氏「いえ、特に驚きはしませんでした。特に怪我から戻ってくる選手はマウンドでの感触を得るために、ゆっくりと調整を進めるものです。エプラーGMやマドン監督、キャラウェイ投手コーチにとって球速に満足しているかどうかは依然としては分からないが、大事なことはオオタニ自身の感触なんです。キャッチボールなどをして次の登板に備える中で、今日や明日、どのように回復しているかどうかなのです」

 シーズン中は熱く解説するグビザ氏も投手・大谷への絶大な信頼は変わらない。現役時代にオールスター戦に2度選出された通算132勝のエンゼルスOBはロハス氏の論調に同調しつつ、大谷のマウンド復帰を喜んでいるようだ。

名物解説のグビザ氏、大荒れ投球の大谷に「大事なのは感触です」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY