「圧倒的プロスペクト」 オリ太田椋、21世紀生まれ初本塁打にファンも驚愕

プロ初安打初本塁打を放ったオリックス・太田椋【画像:パーソル パリーグTV】
プロ初安打初本塁打を放ったオリックス・太田椋【画像:パーソル パリーグTV】

この日1軍今季初昇格し、1打席目でプロ初安打初本塁打となる同点ソロ

■オリックス – ソフトバンク(16日・京セラドーム)

 オリックスの太田椋内野手が21世紀生まれとしてはNPB史上初の本塁打を放った。16日、本拠地・京セラドームでのソフトバンク戦。この日、今季1軍初昇格を果たし、即「9番・三塁」でスタメン起用されると、1打席目でプロ初安打初本塁打をバックスクリーン右に放り込んだ。

 オリックスファンを歓喜させる衝撃の一発が飛び出した。1点を先制されて迎えた3回。この日最初の打席に立った太田は3ボール1ストライクからの5球目を捉えた。ソフトバンク先発のバンデンハークが投じた真っ直ぐ。快音を響かせた打球はバックスクリーン右への大きな同点ソロとなった。

 2018年のドラフト1位で天理高から入団した2年目の内野手の太田は2001年2月14日生まれ。高卒同期では日本ハムの野村佑希内野手らが本塁打を放っているが、2000年生まれで、21世紀になってから生まれた選手が放ったNPB史上初の本塁打となった。

 このプロ初安打が初本塁打となる一発にファンも狂喜乱舞した。このアーチを動画で紹介した「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターには「オリックスの未来を担う、太田椋の物語の幕が開いた」「えぐすぎだろこいつwwww圧倒的プロスペクト」「えぐ」と驚愕するファンのコメントが並んでいた。

【動画】「圧倒的プロスペクト」とファンも驚愕 21世紀生まれの選手が放った記念すべき初本塁打! オリックス太田椋が放った特大の一発の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY