「素敵な親子」21世紀生まれ1号のオリ太田 近鉄選手の父との“親子写真”に祝福殺到

プロ初安打初本塁打を放ったオリックス・太田椋【画像:パーソル パリーグTV】
プロ初安打初本塁打を放ったオリックス・太田椋【画像:パーソル パリーグTV】

16日のソフトバンク戦でプロ初安打初本塁打を放った太田椋

■オリックス 4-3 ソフトバンク(16日・京セラドーム)

 16日に京セラドームで行われたソフトバンク戦で21世紀生まれでNPB史上初の本塁打を放ったオリックスの太田椋内野手。オリックスの公式インスタグラムが、プロ初安打を本塁打でマークする偉業を達成した19歳の貴重な親子2ショットを公開してファンを喜ばせている。

 この日、今季1軍初昇格を果たし、即「9番・三塁」でスタメン起用されると、1打席目でプロ初安打初本塁打。ソフトバンク先発のバンデンハークが投じた真っ直ぐ。快音を響かせた打球はバックスクリーン右への大きな同点ソロとなった。

 2018年のドラフト1位で天理高から入団した2年目の内野手の太田は2001年2月14日生まれ。高卒同期では日本ハムの野村佑希内野手らが本塁打を放っているが、2000年生まれで、21世紀になってから生まれた選手が放ったNPB史上初の本塁打になった。

 太田の父は元近鉄の内野手で、現在はオリックスの打撃投手を務める太田暁氏。オリックス公式インスタグラムが父の暁氏と息子の椋内野手の“太田親子”のツーショットを公開するとファンから「もっともっと親孝行してくださいね」「素敵な親子」「最高の親孝行」「目から汗がでる」と祝福のコメントが殺到していた。

【写真】21世紀生まれの史上初本塁打を記録 オリ太田と打撃投手を務める父・暁さんの“親子2ショット”にファン祝福

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY