野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「初めて見た」「さすがに速すぎ」 鷹周東、高速スライディング捕球にファン驚愕

ソフトバンクの周東佑京内野手が17日のオリックス戦(京セラドーム)で“異次元の守備範囲”を見せ話題になっている。遊撃の定位置から左翼付近の三塁側スタンド手前で見せた「超高速スライディングキャッチ」にファンも「ショートの守備範囲じゃない」と驚きの声を上げている。

スライディングキャッチしたソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
スライディングキャッチしたソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

三塁ファールゾーンへの飛球を周東は快足を飛ばしスライディングキャッチ

■ソフトバンク 9-1 オリックス(17日・京セラドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクの周東佑京内野手が17日のオリックス戦(京セラドーム)で“異次元の守備範囲”を見せ話題になっている。遊撃の定位置から左翼付近の三塁側スタンド手前で見せた「超高速スライディングキャッチ」にファンも「ショートの守備範囲じゃない」と驚きの声を上げている。

 この日、周東は「2番・遊撃」でスタメン出場すると、4回の守備で球場がどよめくスーパープレーを魅せた。

 先頭の吉田正が放った打球は左翼方向へ高々と舞い上がり三塁ファールゾーンへ。周東は落下地点に向け快足を飛ばすと最後はフェンスギリギリのところでスライディングキャッチしアウトを奪った。

 球場がどよめいた超美技を「パーソル パ・リーグTV」も「脚で捕球 ショート周東佑京の『超速スライディングキャッチ』」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも大絶賛だった。

「こんなはやい動きのショート初めて見た」

「ショートの守備範囲じゃない」

「足の回転速すぎてまじで見えなかった」

「さすがに速すぎ」

「レフトやん」

 今季初盗塁こそ逃したものの、打撃でも3打数2安打と大活躍。ホークスの正遊撃手には今宮が君臨するが周東も負けず劣らずのプレーを見せつけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」