27回忌を迎えた炎のストッパー・津田恒実氏 親友・森脇氏と交わした還暦の約束

1984年から87年までカープに在籍した森脇浩司氏【写真:編集部】
1984年から87年までカープに在籍した森脇浩司氏【写真:編集部】

7月20日が命日、今年で27回忌を迎える津田氏、親友・森脇氏が明かす思い出の数々

“炎のストッパー”として広島で活躍しファンから愛された津田恒実氏。脳腫瘍と闘い1993年7月20日にこの世を去ってから今年で27年の月日が経った。毎年、特別な思いでこの日を迎えるのは1984年から87年までカープに在籍した森脇浩司氏だ。

「別れるというのは非常に早かった。それは残念でしかたない。ついこの間のことに思うが実際は四半世紀も経つんだなと。でも、僕の心の中では生き続けている」

 1984年にトレードで広島に移籍した際、同い年だった津田氏との出会いは意外なものだった。挨拶をしても素っ気ない態度で当初は「何か悪いことでもしたかな?」と思うほどだったという。それでも、チームに溶け込み、食事などを交わしていくうちにグラウンドを離れても一緒にいる無二の親友となっていた。

 1993年オフに結婚したが、披露宴の席には津田氏の席を用意。参列者と同じ料理が運ばれ夫妻でグラスにドリンクも注ぎ、キャンドルサービスを行った。涙を流す同僚たちももいたが、森脇氏にとっては当たり前の光景だった。

「食事を食べるのが遅いから『ゆっくり運んでください』と食事を運んでもらう方に伝えていたり。その場には確実に津田の存在はありました。あれからもう四半世紀が過ぎますが、今でも私の中には当時の姿が鮮明に思い浮かびます」

今年で還暦を迎える森脇氏、8月に共に誕生日を迎える津田氏とは20代に旅行の計画が

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY