ヤクルト奥川、最長2回2/3、5安打3奪三振3失点 4度目の登板でプロ初失点

ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

楽天の先発は巨人からトレード移籍した高田、2回3失点で降板

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手が20日、森林どり泉スタジアムで行われたイースタン・リーグ対楽天戦に先発。初回、和田恋に2ランを被弾するなど2回2/3、5安打3奪三振3失点。球数は40球、4度目の登板でプロ初失点となった。

 奥川は初回、先頭の田中を投ゴロ、村林には高めの直球を右前に運ばれ二盗で1死二塁。黒川を二ゴロに抑えたが、和田恋には外角の直球を右翼スタンドに運ばれる2ランを被弾しプロ初失点を喫した。

 2回も先頭の渡邉佳に右中間へ二塁打、続く石原に左前打を浴び無死一、三塁のピンチを背負う。ここで岩見を遊ゴロ併殺に仕留めたが三走・渡邉佳が生還し3点目を失った。

 プロ最長イニングとなった3回は先頭の田中に右前打と犠打で1死二塁。続く黒川を空振り三振に抑えたところで降板となった。

 また、楽天の先発は巨人からトレード移籍の高田。初回に1死一塁から長岡に右中間へタイムリー二塁打、塩見に中前適時打、浜田に左犠飛を許し3失点。2回3失点で降板した。

【動画】ヤクルト奥川が4度目の登板でプロ初失点 初回に楽天・和田恋に右翼席へ2ランを被弾した実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY