野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「褒めるしかない」「肩強すぎ」鷹・上林の超絶レーザービームをファンも絶賛

ソフトバンクは22日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦に3-2で逆転勝ちした。終盤7回に試合をひっくり返したソフトバンクだったが、試合序盤に上林誠知外野手が見せたレーザービームも大きかった。

22日の日本ハム戦で強肩を披露したソフトバンク・上林誠知【画像:パーソル パリーグTV】
22日の日本ハム戦で強肩を披露したソフトバンク・上林誠知【画像:パーソル パリーグTV】

22日の日本ハム戦で初回にレーザービームで先制点を阻止した上林

■ソフトバンク 3-2 日本ハム(22日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは22日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦に3-2で逆転勝ちした。終盤7回に試合をひっくり返したソフトバンクだったが、試合序盤に上林誠知外野手が見せたレーザービームも大きかった。

 初回だった。2死から近藤が二塁打で出塁し、中田が四球を選んだ日本ハム。大田が放った打球は右前へと抜け、二塁走者の近藤は三塁を蹴って、一気に先制のホームを狙った。

 打球を処理した上林は小さいフォームから本塁へ矢のような返球。ワンバウンドで捕手の高谷のミットへ収まった。懸命にタッチを伸ばす高谷とタッチを掻い潜ろうとする近藤。一度はタッチをかわした近藤だったが、ベースには触れられなかった。

 その後もタッチしようとする高谷、避けようとする近藤が“鬼ごっこ”のような動きが本塁上では繰り広げられ、結局、近藤はアウトに。ソフトバンクにとっては先制点を免がれ、相手に流れを渡さないビッグプレーになった。

 この上林のレーザービーム、そして高谷と近藤の“鬼ごっこ”を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも動画で「先制点めぐり…『本塁上で鬼ごっこ』発生!?」と紹介。ファンからは「上林を褒めるしかない」「取ってから投げるのめちゃ早えええ」「肩強すぎわろたw」と、上林の好返球を絶賛する声があがっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」