野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAラミレス監督、7回1安打無失点の先発・大貫を絶賛! 「グレートジョブ」

投打が噛み合ったDeNAがヤクルトに完勝して連敗を6で止めた。先発の大貫が7回無失点の好投で2勝目。打線は4番の佐野が2安打3打点の活躍など、11安打で6得点を奪った。ラミレス監督は「グレートジョブ。ナイスピッチングだった」と6回までノーヒットピッチングの快投を見せた2年目右腕を絶賛した。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

観客が入って初勝利「素晴らしい気持ち。いつも多くの声援をもらって感謝している」

■DeNA 6-0 ヤクルト(23日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 投打が噛み合ったDeNAがヤクルトに完勝して連敗を6で止めた。先発の大貫が7回無失点の好投で2勝目。打線は4番の佐野が2安打3打点の活躍など、11安打で6得点を奪った。ラミレス監督は「グレートジョブ。ナイスピッチングだった」と6回までノーヒットピッチングの快投を見せた2年目右腕を絶賛した。

 初回に佐野、柴田、戸柱が3本のタイムリー放ち、打者9人の猛攻で3点を先制した。指揮官は「あのイニングがターニングポイントだった。先制点で試合の主導権を握って大貫が楽に投げることができた」と好調な打線を勝因に挙げた。

 相手先発は左投手の高橋だったが、5人の左打者をスタメンに並べたオーダーが見事に的中した。ラミレス監督は「特に柴田、戸柱の2人の左打者が左投手を打ったのが大きい」と下位打線の活躍を喜んだ。

 先発した大貫が7回2死までヤクルト打線をノーヒットに抑えて球場に大記録達成のムードも漂った。西浦に安打を打たれ、7回111球で降板となったが、指揮官は「2試合続けて素晴らしい仕事をしてくれた」と、先発で2試合続けて好投した大貫に感謝した。

 観客の入った横浜スタジアムで6戦目にしてようやくの初勝利に、ラミレス監督は「素晴らしい気持ち。いつも多くの声援をもらって感謝している。これからどんどん勝ち星を重ねていきたい」と、連敗脱出からの巻き返しを誓った。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」