野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日のA・マルティネスが秘める可能性 専門家が絶賛する捕手としての資質とは?

中日は25日、ナゴヤドームでの阪神戦に1-0で勝利した。先発マスクを被り4投手をリードしたのは、来日3年目のアリエル・マルティネス。今季はすでに14試合に捕手として出場し、大きな戦力となっている。外国人選手が1軍で捕手を務めるのは、中日のディンゴ以来20年ぶりのことだが、阪神OBでメジャーでも活躍した藪恵壹氏は「固定概念を外してもいいかもしれない」と話す。

中日のアリエル・マルティネス【写真:荒川祐史】
中日のアリエル・マルティネス【写真:荒川祐史】

キューバ出身の24歳、先発マスクを被って1点差勝利をリード

■中日 1-0 阪神(25日・ナゴヤドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 中日は25日、ナゴヤドームでの阪神戦に1-0で勝利した。先発マスクを被り4投手をリードしたのは、来日3年目のアリエル・マルティネス。今季はすでに14試合に捕手として出場し、大きな戦力となっている。外国人選手が1軍で捕手を務めるのは、中日のディンゴ以来20年ぶりのことだが、阪神OBでメジャーでも活躍した藪恵壹氏は「固定概念を外してもいいかもしれない」と話す。

 固定概念とは何か――。それは、言葉の壁がある外国人選手が捕手を務めるのは難しい、という考えだ。守備では扇の要となり、投手陣を叱咤激励しながら盛り上げる捕手には、コミュニケーション能力が求められる。外国人選手の場合、言葉の壁が立ちはだかるため難しい、とされてきた。

 だが、この日、2年目右腕の勝野昌慶をはじめ、福敬登、祖父江大輔、R・マルティネスと4投手を受ける姿を見た藪氏は「マルティネスは構えた位置からミットを動かさないし、ボールを後逸させないで体で止めてくれる。ピッチャーを育てるタイプのキャッチャーですよ」と絶賛する。

「ピッチャーが投げやすいのは、的となるミットをしっかり構えてくれるキャッチャーです。投球動作の最中に、構えた位置からミットを動かすキャッチャーがいるけれど、投げづらく感じるピッチャーもいる。特に、若いピッチャーの制球力を上げるには、ミットをしっかり構えてくれるキャッチャーの方がいいですね。ワンバウンドした球も体で止めてくれるので安心感があるし、あの強肩は日本人には敵わない。二塁へ送球する時も、ピッチャーマウンドを過ぎたあたりから、ボールがさらにひと伸びする速さを感じます」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」