野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹工藤監督、“石橋叩き”の慎重継投で快勝 「昨日のような轍を踏まないように」

ソフトバンクは前日の大逆転負けの悪夢を振り払うかのように日本ハム戦に6-1で快勝。1番に今宮健太内野手、2番に周東佑京内野手を起用すると、ともにマルチ安打1四球を記録するとともに2人で3打点と貢献した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今宮、周東の1、2番コンビがマルチの活躍「いい仕事してくれていますね」

■ソフトバンク 6-1 日本ハム(26日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは前日の大逆転負けの悪夢を振り払うかのように日本ハム戦に6-1で快勝。1番に今宮健太内野手、2番に周東佑京内野手を起用すると、ともにマルチ安打1四球を記録するとともに2人で3打点と貢献した。

 初回、1番・今宮が内野安打で出塁すると2番・周東がしっかり送り、中村晃のヒットで先制。2回には下位打線が作ったチャンスで今宮が2点適時二塁打。さらに周東が鮮やかなバントヒットで柳田悠岐の犠飛につなげた。さらに4回には四球で歩いた今宮を周東が適時三塁打でホームに還した。

 今宮の1番起用について、工藤公康監督は「いい仕事してくれていますね。トップとして塁に出て、チャンスではランナーを還す仕事をしてくれた。本当にいい状態が続いていると思います」と目を細めた。

 2番で起用した周東も2安打1打点と結果を残し「打席の中で落ち着いていると思います。調子が悪かった時に比べるとバットの出が良くなったと思います」と称賛。周東は前日の試合で逆転されるきっかけとなる送球エラーをしているが「エラーしない人はいない。強い気持ちを持って臨んでいくことが大事なんです」と、気持ちを引きずることなく活躍した若鷹を讃えた。

 先発の二保旭が5回0/3を1失点。その後はリリーフ陣が無失点リレー。「二保君は少し前回の疲れが残っていたかな。それでも1点で抑えてくれた。(リリーフ陣も)良かったですよ。四球を恐れずストライク先行すればいい結果につながる。マウンドに上がったら気持ちでいくしかないんです」と工藤監督。

 8回には5点差ながらも勝ちパターンのモイネロをマウンドに送る“石橋叩き”起用を見せた。指揮官は「準備もしていましたし、昨日のような轍を踏まないようにね。(相手の打順も)真ん中だったんでね」と起用の理由を明かした。

 これで日本ハムとの6連戦は3勝3敗で終了。工藤監督は最後に「2勝4敗で終わるのと3勝3敗で終わるのは大きな違い。(2勝4敗だと)2ゲームの差になりますからね」とホッとした表情を見せた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」