野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5点差でも8回モイネロ投入のワケ 鷹・工藤監督に石橋を叩かせた逆転負けの悪夢

ソフトバンクは26日、本拠地PayPayドームでの日本ハム戦に6-1で快勝した。初回に中村晃の適時打で先制すると、2回には今宮の適時二塁打などで3点を追加。先発の二保が6回途中1失点と好投すると、5投手を注ぎ込んでリードを守った。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

5点リードとなった8回にセットアッパーのモイネロを投入した工藤監督

■ソフトバンク 6-1 日本ハム(26日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは26日、本拠地PayPayドームでの日本ハム戦に6-1で快勝した。初回に中村晃の適時打で先制すると、2回には今宮の適時二塁打などで3点を追加。先発の二保が6回途中1失点と好投すると、5投手を注ぎ込んでリードを守った。

 6回の時点で4点をリードしていたソフトバンク。6回途中から川原、泉で凌ぐと、左打者が続く7回を“左キラー”嘉弥真が無失点に封じた。その裏、柳田のフェンス直撃の適時打で1点を追加してリードを5点に拡大。残るイニングは2回。勝利に向けてセーフティリードを作った。

 それでも工藤公康監督は8回にセットアッパーのモイネロを投入。キューバ人左腕は自己最速を更新する158キロの剛球を投じて、内野安打こそ許したが、アウト3つ全てを三振で奪った。圧巻の投球でスコアボードにゼロを灯すと、9回はルーキーの津森がマウンドに上がって試合を締め括った。

 8回のモイネロは今季33試合目にして、この試合が試合数の半分を超える17試合目の登板だった。工藤公康監督は5点のリードがありながら、シーズン序盤にして登板過多気味になっているモイネロをなぜマウンドへ送ったのだろうか。工藤公康監督は試合後にこう語っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」