野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA山崎の背信投球で大逆転負け…ラミレス監督の誤算はどこにあったのか?

DeNAは26日、横浜スタジアムで行われた広島戦に6-10で敗れ、連勝が3でストップした。2回に3連打と梶谷の6号3ランで5点を先制し、5回にはオースティンの4号ソロで1点を追加。先発の平良が7回まで広島打線を散発の4安打で抑えて無失点と、完全に勝ちゲームの展開だったが、横浜スタジアムに突然、強い雨が降り始めた8回に試合の流れが一変した。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

平良の完封ムードが一転…6点リードの8回から大量10失点で逆転負けした

■広島 10-6 DeNA(26日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは26日、横浜スタジアムで行われた広島戦に6-10で敗れ、連勝が3でストップした。2回に3連打と梶谷の6号3ランで5点を先制し、5回にはオースティンの4号ソロで1点を追加。先発の平良が7回まで広島打線を散発の4安打で抑えて無失点と、完全に勝ちゲームの展開だったが、横浜スタジアムに突然、強い雨が降り始めた8回に試合の流れが一変した。

 平良は序盤の得点圏のピンチをしのいだ後、3回以降は広島打線にチャンスすら作らせなかった。ラミレス監督は「7回まで91球。スタミナ的にもかなりいいペースだったので、そのままいかせた」とプロ初完封も視野に入っていたことを明かした。しかし8回、先頭の西川に初球をセンターに運ばれる二塁打、続く安部はフルカウントの6球目に、今度はライトに二塁打を打たれて完封が消えた。

 さらにピレラにもボール先行の後、三遊間を破られて無死一、三塁のピンチに。球数も100球を超え、そろそろ限界かとも思われたが、ベンチは動かず。続く鈴木誠を三振に打ち取ったところで、ラミレス監督は左の松山に対して石田を投入した。

 石田は松山の右犠飛で1点を失ったが、2死一塁とピンチは脱したかに思えた。ここでラミレス監督は次打者の堂林に対してパットンを投入。これが裏目となった。堂林はパットンの真ん中高めに入った147キロのストレートを打ち返して6号2ラン、さらに會澤にも1号ソロを打たれ、リードはわずかに1点となった。ラミレス監督は、石田の打者1人の交代に関して「続投は考えなかった。松山に対して石田、堂林にはパットンというプランができていたので、迷いはなかった」と、一人一殺の継投が予定通りだったことを説明した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」