野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阪神大山が4発 巨人大城5割超、DeNA佐野は9打点…セ週間ベストナインは?

阪神大山が4発 巨人大城5割超、DeNA佐野は9打点…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月20日から7月26日までの開幕第6週を終えて、各球団が30試合超を消化した。8月からの観客数の上限引き上げは先延ばしとなったが、連日、熱戦が繰り広げられていた。

DeNA・佐野恵太、阪神・大山悠輔、巨人・大城卓三(左から)【写真:荒川祐史】
DeNA・佐野恵太、阪神・大山悠輔、巨人・大城卓三(左から)【写真:荒川祐史】

巨人、阪神、DeNAが3勝2敗1分で並んだセ・リーグ第6週

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月20日から7月26日までの開幕第6週を終えて、各球団が30試合超を消化した。8月からの観客数の上限引き上げは先延ばしとなったが、連日、熱戦が繰り広げられていた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 ここでは、この7月20日から7月26日までのプロ野球第6週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出。第6週を終えて、セ・リーグでは先週末との順位の変動はなかった。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 30試合19勝9敗2分
→2 ヤクルト 31試合15勝12敗4分 3.5
→3 阪神 30試合15勝14敗1分 1.0
→4 DeNA 32試合15勝16敗1分 1.0
→5 広島 30試合11勝16敗3分 2.0
→6 中日 33試合12勝20敗1分 1.5

【第6週セ・リーグ】
1 巨人 3勝2敗1分
1 阪神 3勝2敗1分
1 DeNA 3勝2敗1分
4 ヤクルト 2勝2敗分
5 広島 2勝3敗1分
6 中日 2勝4敗0分

 第6週のセ・リーグは各球団がそれぞれで星を分け合う展開となった。阪神、巨人、DeNAの3球団が揃って3勝2敗1分と1つの勝ち越し。ヤクルトは5割、そして5位の広島と6位の中日がそれぞれ1つ、2つの負け越しとなった。下位の2球団が負け越したことで上位と下位の差が前週よりもやや開く形となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」