野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹が西武ニールの不敗神話止めた! 打線繋がり快勝の工藤監督「ついに止めました」

ソフトバンクは31日、本拠地PayPayドームで西武に5-4で逆転勝ちした。昨季から13連勝中だった西武先発のニールから5点を奪い取って479日ぶりの黒星をつけた。試合後、工藤公康監督は「ついに止めましたね。『止められるのはウチだ』と選手も声を出して気合いが入っていた」と満足げに振り返った。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

3回に5安打を集中させて4点を奪い試合をひっくり返したソフトバンク

■ソフトバンク 5-4 西武(31日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは31日、本拠地PayPayドームで西武に5-4で逆転勝ちした。昨季から13連勝中だった西武先発のニールから5点を奪い取って479日ぶりの黒星をつけた。試合後、工藤公康監督は「ついに止めましたね。『止められるのはウチだ』と選手も声を出して気合いが入っていた」と満足げに振り返った。

 先発の東浜が3回に山川に12号ソロ、中村に5号2ランと2本塁打を浴びて3点を失った。だが、その裏に1死一、二塁から今宮が中堅フェンス直撃の2点適時三塁打を放つと、中村晃、栗原にも連続適時打が飛び出して一気に4点を得て試合をひっくり返した。6回に同点とされたが、すぐにその裏、明石の2号ソロで勝ち越した。

 工藤監督は「3点取られた後にすぐに取り返したのが大きい。いい繋がりで逆転できたのが大きかった。ここというところで集中して繋がりが持てたのが大きい」と語り、3回の集中打に目を細めた。7回からは勝利の方程式で逃げ切り、7月を勝利で締め括った。

 7月は18勝9敗の貯金9で終えたソフトバンク。指揮官は「終わり良ければ全て良し。明日からまた新しい月が始まります。8月は怪我人も帰ってくるし、デスパイネ、グラシアルも8月中には合流できる」という。単独首位で7月を終え、真夏の8月はさらに勢いを加速させる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」