野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、155キロ強烈ライナーの“尻アシスト”降板に監督爆笑 「大丈夫だと…」

ダルビッシュ、155キロ強烈ライナーの“尻アシスト”降板に監督爆笑 「大丈夫だと…」

7月31日(日本時間8月1日)に本拠地で行われたパイレーツ戦で、今季初勝利を飾ったカブスのダルビッシュ有投手。6回を86球で投げ終え、2安打7奪三振無失点と圧倒した。チームを勝利に導いた右腕だが、降板直前には見事な“尻アシスト”を披露。試合後、ダルビッシュの尻の状態について質問されたデビッド・ロス監督が「大丈夫。まだ直接状態は聞いていないけど、大丈夫じゃないの?」と大爆笑する場面もあった。

パイレーツ戦に先発し今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
パイレーツ戦に先発し今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

6回2死でピッチャー返しが尻直撃、打球は遊撃正面に転がり難なくアウト

■カブス 6-3 パイレーツ(日本時間1日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 7月31日(日本時間8月1日)に本拠地で行われたパイレーツ戦で、今季初勝利を飾ったカブスのダルビッシュ有投手。6回を86球で投げ終え、2安打7奪三振無失点と圧倒した。チームを勝利に導いた右腕だが、降板直前には見事な“尻アシスト”を披露。試合後、ダルビッシュの尻の状態について質問されたデビッド・ロス監督が「大丈夫。まだ直接状態は聞いていないけど、大丈夫じゃないの?」と大爆笑する場面もあった。

 見事なアシストだった。6回2死走者なし。打席にニューマンを迎えたダルビッシュは、1ストライクから2球目の低め速球を投げ込んだ。その直後、時速96マイル(約154.5キロ)の打球がマウンド上の右腕を襲った。強烈な打球は尻を直撃すると、遊撃を守るバエスの正面へ。守備の名手は難なく捕球すると、一塁に送球してアウト。6回を締めたダルビッシュは直撃した尻をさすりながら、やや苦笑いの表情でマウンドを下りた。

 ダルビッシュは7回のマウンドには戻らず。豪快な尻アシストからの遊ゴロが、自身にとってこの日最後のアウトとなった。打球の衝撃を心配した地元メディアは、試合後に行われたロス監督のオンライン会見で右腕の尻について質問。すると、指揮官は大爆笑しながら言葉を繋いだ。

「ワッハッハ。大丈夫だと思うよ(爆笑)。まだ直接状態を聞いてないけど、大丈夫じゃないの? ハハハ。大丈夫、大丈夫だ(爆笑)」

 初勝利を挙げた快投はもちろんだが、見事な尻アシストも指揮官には大きなインパクトを残した様子。ダルビッシュにとっては痛みを伴う遊ゴロとなったが、チームには勝利とともに笑いをもたらしたようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」