野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・栗原“ギータ超え”チームトップの29打点 追い込まれても打てる秘訣とは?

ソフトバンクの6年目、栗原陵矢捕手が1日に行われた本拠地・西武戦で先制の3ラン。この一発で打点は29となり柳田悠岐外野手を超え、ついにチームトップに躍り出た。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

逆方向への一発に自信「やっていることが身になっている」

■ソフトバンク 4-0 西武(1日・PayPayドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 ソフトバンクの6年目、栗原陵矢捕手が1日に行われた本拠地・西武戦で先制の3ラン。この一発で打点は29となり柳田悠岐外野手を超え、ついにチームトップに躍り出た。

 開幕当初は1番打者として主にチャンスメークに徹していた栗原。7月に入って一時スランプに陥ったが、7月24日の日本ハム戦から5番に座ると徐々に調子を取り戻してきた。月が変わった1日の西武戦でも初回に逆方向へへ3ラン。いきなり貴重な先制点を叩き出したことで、石川柊太の完封劇を好アシストしたともいえるだろう。

「追い込まれたので、とにかく三振だけは(しないように)と思っていました。本当に入るとは思わなかったです。逆方向に大きい当たりが打てたことは、ちょっとずつやっていることが身になってるのかなと思います」

 これで7月24日以降の5番での成績は31打数10安打で打率.323、3本塁打、11打点。まさに中軸らしい、走者を還すバッティングだ。この日の3打点で打点は「29」となり、柳田の27打点を抜いてチームトップに立った。その柳田は31日にプロ野球タイ記録となる月間32得点を記録したが、栗原がその記録にも大きく貢献している。

 打点については「前にすごい先輩方がいて、1アウト三塁とか二、三塁とか、そういう場面で回してもらっていますし、楽な気持ちで打席に入らせてもらっているので感謝しかないです」と、1番から4番までの“繋ぎ”に感謝する。しかし、そこで実際に打てるという勝負強さがあるからこそのチーム打点王だ。得点圏打率も4割を超える。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」