野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大谷翔平の「屈曲回内筋群損傷」とは? TJ手術の権威が指摘「制球の悪さがきっかけ」

エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、MRI検査を受けた結果、右屈曲回内筋群の損傷と診断され、投球再開まで4~6週間を要することになった。前日2日(同3日)の本拠地・アストロズ戦に先発し、2回途中無安打5四球2失点で降板。降板後に右腕の違和感を訴え、MRI検査を受けるとチームが発表していた。

「損傷したからコントロールが悪くなったのではなく、コントロールが悪いことが損傷のきっかけに」

――今回の大谷投手の場合、投手復帰に向けて大きな不安材料となり得る損傷なのか?

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

「これが何回も続けば心配するべきでしょう。ただ、今回はすでにメジャーのマウンドに復帰を果たした。つまり、ここまで順調で、大谷投手本人はもちろん、チームの首脳陣、監督、トレーナー、ドクターがそれぞれ大丈夫だということであがったマウンド。だから、トミー・ジョン手術による後遺症ではなく、他に原因があると考えた方がいいと思います。

 私は大谷投手を実際に診ているわけでも、本人から話を聞いたわけではありませんが、試合中継を見た感じでは、そもそもコントロールが悪かったことにきっかけがあるように思います。ストライクが入らないので、力んで投げてしまっているように見えました。連続四球で押し出しになって、変化球も少し強引に投げていましたよね。引っかけてワンバウンドになる球もありましたが、ああいう風に小手先を使って力を入れすぎて投げると、前腕の屈筋群に力が入ってしまいます。それが、今回痛めたストーリーだと思います。表情を見ていても、かなり力が入っていた感じを受けました」

――コントロールの悪さを修正しようと、力を入れて投げすぎたことにきっかけがある。

「損傷したからコントロールが悪くなったのではなく、コントロールが悪いことが損傷のきっかけになったということです。なので、なぜコントロールが悪くなったのかを考える必要があるでしょう。それは今、フォームを修正中だからなのか、フォームがまだ体になじんでいないのか。そこは分かりませんが、コントロールが悪くなった原因を解決していかないと、また同じことが起こるかもしれません」

――投手にとってフォームを変えることは一大事。

「フォームを大きく変えたら時間はかかるでしょうし、少し変えると言ってもなかなか難しいと思います。今回は思うように球をコントロールできなかったことで、力で抑えこもうとしてしまったのかもしれません。トミー・ジョン手術をしたから球が遅くなったという話ではないと思います。」

――リハビリ期間中も打者として試合に出場していたことが肘に負担を与えた可能性は?

「例えば、ものすごい数の素振りをするとか、ものすごい数のフリーバッティングをするとか、そういうことがなければ影響はないと思います。それよりも、今回はコントロールが悪くなった原因を究明することが大事ですね。手術した=コントロールが悪くなった、というわけではないので、このノースローの期間中に見直すべき点はあると思います」

(佐藤直子 / Naoko Sato)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」