野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平に再燃する“打者専念論” 米メディアが力説「エ軍は損失を食い止めろ」

大谷翔平に再燃する“打者専念論” 米メディアが力説「エ軍は損失を食い止めろ」

エンゼルスのジョー・マドン監督は4日(日本時間5日)、敵地・マリナーズ戦前にオンライン会見し、大谷翔平投手が今季中に投手として登板することはないと明言した。今季の残り試合は指名打者として起用する方針を示し、「彼は最高級の投手。打撃の能力も見てきた。彼なら二刀流ができると思う」と来季以降の二刀流の継続には自信を見せた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

FOXスポーツ・ラジオのマラー氏が厳しく指摘「投球のことは忘れるんだ」

 エンゼルスのジョー・マドン監督は4日(日本時間5日)、敵地・マリナーズ戦前にオンライン会見し、大谷翔平投手が今季中に投手として登板することはないと明言した。今季の残り試合は指名打者として起用する方針を示し、「彼は最高級の投手。打撃の能力も見てきた。彼なら二刀流ができると思う」と来季以降の二刀流の継続には自信を見せた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2年ぶりの投手・大谷はわずか2登板で幕を落とすことになった。2日(同3日)の登板後に右屈曲回内筋群の損傷と診断され、投球再開まで4~6週間。今季中の投手復帰は厳しくなったが、一部の米メディアでは“打者専念論”が出ているようだ。打者一本を唱えたのは米ラジオ局「FOXスポーツ」で番組司会者を務めるベン・マラー氏だった。

 大谷は1年目の18年に4勝、防御率3.31をマークしたが、右肘の内側側副靭帯を損傷。新人王を獲得したものの、先発ローテを外れる期間は短くなかった。昨季はリハビリで打者一本で臨み、そして今回の離脱。マラー氏は「オオタニを守るために週1度の登板だが、体が耐えられなかった。メジャーリーグでのプレーは彼にとって難し過ぎた。それ以外に何と言えるだろうか。偉大なオオタニの怪我歴は、インターネットが普及する前、80年代の電話帳の厚さくらいだ」と厳しく指摘。こう持論を展開した。

「エンゼルスは損失を食い止めなければならない。オオタニビジネスから手を引けと言っているわけじゃない。彼はまだ若い。若くても怪我がちなら関係ない。アドバイスがある。オオタニを打者に専念させるんだ。そこから始めよう。投球のことは忘れるんだ。(投手としては)信頼性の方が能力よりも重要だ。打席ではそうではない」

「打撃成績を見ると、打者としてのショウヘイ・オオタニは普通の打者だ。通算打率.281で、今季のスタートは良くないが、まだ数試合。通算長打率.528、OPS.873。ショウヘイ・オオタニの比較対象は誰になるだろうか。打撃能力で最も近いのはヤンキースのルーク・ボイトとレイズのオースティン・メドウズ。成績面で最も近いのはこの2人だ。良い選手だと思うかもしれないが、チームのシーズンの行方を左右する選手ではない」

 打者に専念させて打撃能力を発揮させろ。厳しい意見で並べたマラー氏だったが、こう言いたいようだ。

 マドン監督は大谷の来季以降の二刀流継続へ自信を見せている。4日(同5日)まで大谷自身は今回の故障を受けての会見は行っていないが、来季こそ一部の米メディアの厳しい意見をバネに見返してほしいところだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」