野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「これぞ本物の悪球打ち」 ロッテ中村奨の地面スレスレ“曲芸打ち”にファン驚愕

ロッテは5日に敵地で行われたオリックス戦に12-1で快勝。11安打12得点と打線が爆発、投げても先発の小島が6回1失点の好投と投打が噛み合いオリックス戦は開幕から7連勝をマーク。そんな中、4回に中村奨吾内野手が放った“曲芸打ち”が話題になっている。

曲芸打ちを見せたロッテ・中村奨吾【画像:パーソル パ・リーグTV】
曲芸打ちを見せたロッテ・中村奨吾【画像:パーソル パ・リーグTV】

4回の先頭で中村奨は地面スレスレのスプリットを中前に運ぶ

■ロッテ 12-1 オリックス(5日・京セラドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ロッテは5日に敵地で行われたオリックス戦に12-1で快勝。11安打12得点と打線が爆発、投げても先発の小島が6回1失点の好投と投打が噛み合いオリックス戦は開幕から7連勝をマーク。そんな中、4回に中村奨吾内野手が放った“曲芸打ち”が話題になっている。

 両チーム無得点で迎えた4回。先頭の中村奨は2ストライクと追い込まれながらも、オリックス鈴木が投じた内角133キロのスプリットを中前打に弾き返した。

 地面ギリギリのボールに対し、腕をたたみすくい上げるように放った“曲芸打ち”を「パーソル パ・リーグTV」も「変態度高め 中村奨吾『ありえない曲芸打ち』でチャンス演出」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「これぞ本物の悪球打ち」「これこそ匠の技」「明らかにここから流れが変わった」「角中の遺伝子」と驚きの声を上げていた。

 この一打をきっかけにチームはこの回、安田の2点タイムリー、菅野の2ランが飛び出し一挙4点を奪い試合の主導権を握った。5回にも5安打を集中させ一挙7得点と中村奨の“変態ヒット”はロッテ打線を目覚めさせる一打となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」