野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、7回5安打1失点好投で今季2勝目の権利 最速157キロ、防御率2.12

カブスのダルビッシュ有投手は5日(日本時間6日)、敵地・ロイヤルズ戦で先発。7回4奪三振1四球、5安打1失点と好投し、今季2勝目の権利を持って降板した。最速は97.5マイル(約156.9キロ)。防御率2.12となった。

ロイヤルズ戦に先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦に先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦で先発して7回4奪三振1四球5安打1失点

■ロイヤルズ – カブス(日本時間6日・カンザスシティ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は5日(日本時間6日)、敵地・ロイヤルズ戦で先発。7回4奪三振1四球、5安打1失点と好投し、今季2勝目の権利を持って降板した。最速は97.5マイル(約156.9キロ)。防御率2.12となった。

 初回は先頭・メリフィールドから空振り三振。3者凡退に抑えて上々の立ち上がりを見せた。2回は先頭・ペレス、マクブルームの左前打などで1死一、二塁としたが、モンデシーをニゴロ併殺打に仕留めた。

 3回。先頭・フランコの左越え二塁打、ロペスの右前打で無死一、三塁のピンチを招き、メリフィールドのニゴロ併殺打の間に先取点を献上した。味方打線が逆転した4回は2死からゴードンを四球で歩かせたが、続くマクブルームを空振り三振。5回は3者凡退に抑えた。

 ピンチは6回だった。先頭のメリフィールドの右前打と暴投などで1死三塁とした。ここでエンジン全開。オハーンを見逃し三振、ペレスを遊ゴロに抑えた。7回は3者凡退。7回で93球(ストライク58球)を投げ、5安打1失点。4奪三振1四球の快投を演じた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」