野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、5回1安打無失点の快投 敵将も思わず脱帽「制球が誰より良かった」

田中将大、5回1安打無失点の快投 敵将も思わず脱帽「制球が誰より良かった」

ヤンキースの田中将大投手が7日(日本時間8日)、敵地でのレイズ戦に先発し、5回を1安打5奪三振無四球無失点に抑える快投を披露した。同点で降板したため勝利こそつかなかったが、レイズのケビン・キャッシュ監督は「変化球のコントロールは我々が対戦した誰よりも良かった」と絶賛した。

レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

勝利のレイズ、キャッシュ監督「どんな投球をするか分かっていたが…」

■レイズ 1-0 ヤンキース(日本時間8日・タンパ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手が7日(日本時間8日)、敵地でのレイズ戦に先発し、5回を1安打5奪三振無四球無失点に抑える快投を披露した。同点で降板したため勝利こそつかなかったが、レイズのケビン・キャッシュ監督は「変化球のコントロールは我々が対戦した誰よりも良かった」と絶賛した。

 田中は初回2死からディアスに右翼へヒットを許したが、崔志万を三飛に打ち取り、二塁を踏ませなかった。すると、2回から4イニング連続で3者凡退。59球を投げて降板するまで、打者13人を連続で仕留めた。

 この日は伸びのあるフォーシームに加え、スライダー、スプリットなどのキレも良く、ストライクゾーンを大きく使って打者と勝負。日米を通じて初対戦となった筒香嘉智外野手も一邪飛、中飛に退けた。

 試合はレイズが8回に1点を奪って勝利。試合後にオンライン会見に臨んだキャッシュ監督は、田中の前に為す術がなかった打線について問われると「おそらくベストの状態ではなかったが、相手もかなりすごかった」と田中を絶賛。「球場にいる誰もが、彼がどんな投球をしてくるのか分かってはいたし、我々ももちろん分かっていた。だが、キモは彼の投げる球にある。本当にいい球だった。変化球のコントロールは我々が対戦した誰よりも良かったし、コースぎりぎりを攻めていた」とお手上げだった。

 これまで何度も対戦を繰り広げてきた同地区ライバル。キャッシュ監督は「彼はゾーンに入っていた。ああいう姿を前も見たことがある」と快投した田中を素直に称えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」