野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「投げ過ぎのツケは必ず…」 元メジャー右腕が指摘する広島投手陣起用法の危うさ

広島は8日、本拠地での阪神戦に2-1で勝利した。この日はエースの大瀬良大地投手が立ち上がりから絶好調。2回に大山悠輔内野手に同点ソロを左翼席へ運ばれたが、7回を5安打6奪三振で1失点。119球を投げてマウンドを下りると、直後の攻撃で味方打線が勝ち越し、今季4勝目(1敗)を飾った。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

藪恵壹氏が見る大瀬良とは… 「広島にあるエースの系譜を受け継いでいる」

■広島 2-1 阪神(8日・マツダスタジアム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 広島は8日、本拠地での阪神戦に2-1で勝利した。この日はエースの大瀬良大地投手が立ち上がりから絶好調。2回に大山悠輔内野手に同点ソロを左翼席へ運ばれたが、7回を5安打6奪三振で1失点。119球を投げてマウンドを下りると、直後の攻撃で味方打線が勝ち越し、今季4勝目(1敗)を飾った。

 2回2失点で降板した7月24日のDeNA戦の後で登録抹消され、中14日を挟んで臨んだマウンドで見せた躍動ぶりに関心するのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。藪氏は広島のエースに育った29歳右腕について「バッターを打ち取る術や引き出しが豊富な投手」と高く評価する。

「打者を打ち取るパターンが1個だけじゃない。ドローンとしたカーブも使って、打者のタイミングを外すこともできます。ルーキーの頃から見ていますが、佐々岡(真司)さん、大野(豊)さん、黒田(博樹)くん、マエケン(前田健太)といった、広島にあるエースの系譜を受け継いでいますね」

 リフレッシュして上がったマウンドでは、走者を置きながらも順調にアウトを重ねた。最大のピンチは、同点で迎えた7回。1死満塁という危機を迎えたが、代打・福留孝介外野手を見事、二塁併殺打に打ち取って無失点で切り抜けた。その裏の攻撃で味方打線が勝ち越して4勝目。次回に繋がる投球内容となった。

 この日は7回で119球を投げたが、藪氏が気掛かりだというのは、広島の先発陣に見る“投げ過ぎ”の傾向だという。大瀬良は開幕戦を116球で完封すると、続く2戦目で132球完投勝利。「最初2試合のツケが4~6週間ほど経ってから出ましたよね」と話す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」