野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

凄まじい打球はどこまで飛ぶのか? 鷹柳田“確信歩き”の右翼最上段への超特大弾

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が9日、楽天生命パークで行われた楽天戦で「3番・中堅」でスタメン出場。8回の第4打席で右翼上段に飛び込む超特大の12号ソロを放った。

ソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

凄まじい衝撃音と共に打球は一直線で右翼最上段に突き刺さり、球場どよめき

■楽天 – ソフトバンク(9日・楽天生命パーク)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が9日、楽天生命パークで行われた楽天戦で「3番・中堅」でスタメン出場。8回の第4打席で右翼上段に飛び込む超特大の12号ソロを放った。

 打った瞬間に確信した。柳田は8回2死走者なしで迎えた第4打席。楽天・酒居が投じた144キロの直球を完璧に捉えた。凄まじい衝撃音と共に打球は一直線で右翼スタンド上段に突き刺さる超特大弾。打たれた酒居もボールを捕らえられた瞬間に本塁打を悟ったかのような表情を浮かべていた。

 打った瞬間に“確信歩き”で打球の行方を見届けた柳田は「自分の良いスイングで、しっかり芯で捉える事が出来ました。なかなか点が取れなかったので、追加点になってくれて良かったです」とコメント。試合終盤に貴重な追加点となった超人の一発でホークスはリードを2点に広げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」