野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA国吉、坪井コーチのアドバイスで「記念球が2球」 7年ぶり安打のV打&2勝目

アレックス・ラミレス監督率いるDeNAは10日、本拠地・横浜スタジアムで行われた阪神戦で、投手陣のやり繰りの苦しい9連戦の6戦目とあって、中継ぎの武藤祐太投手を中日在籍時代の2015年以来5年ぶりに先発起用。苦肉の“ブルペンデー”だったが、6投手によるリレーで6-4で競り勝って、3連勝を飾った。この日試合のなかった首位・巨人に2ゲーム差に迫った。殊勲者は2番手で登板し、自ら決勝の2点二塁打を放った国吉佑樹投手で、自身今季2勝目を挙げた。

DeNA・国吉佑樹【写真:荒川祐史】
DeNA・国吉佑樹【写真:荒川祐史】

苦肉の“ブルペンデー”勝利に導き、首位巨人に肉薄

■DeNA 6-4 阪神(10日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 アレックス・ラミレス監督率いるDeNAは10日、本拠地・横浜スタジアムで行われた阪神戦で、投手陣のやり繰りの苦しい9連戦の6戦目とあって、中継ぎの武藤祐太投手を中日在籍時代の2015年以来5年ぶりに先発起用。苦肉の“ブルペンデー”だったが、6投手によるリレーで6-4で競り勝って、3連勝を飾った。この日試合のなかった首位・巨人に2ゲーム差に迫った。殊勲者は2番手で登板し、自ら決勝の2点二塁打を放った国吉佑樹投手で、自身今季2勝目を挙げた。

 先発の武藤は今季初先発で、3日前のヤクルト戦でも2番手で1イニングを投げたばかり。試合前から「基本的に2~3回まで」(ラミレス監督)の予定だった。

 その武藤が3イニングを大山の11号ソロによる1点に抑えて降板後、登場したのが国吉だった。4回はこの日最速の158キロを計測した速球を中心に、無安打無四球2奪三振で3人で片づけ、1-1の同点で迎えたその裏の攻撃では、1死一、二塁の好機で打席に入った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」