大谷翔平、同点の“弾丸”4号2ラン「初球からいいスイング。打った瞬間に入ると」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日本人通算600号のメモリアル弾、トラウト&レンドンとアーチ共演で連敗ストップ

■エンゼルス 10-9 アスレチックス(日本時間11日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で先発出場。4回1死一塁で右前二塁打を放つと、6回1死一塁で同点の4号2ランを放った。日本人通算本塁打では4位の井口資仁(現ロッテ監督)に並んで通算44本塁打。3位・城島健司の通算48本塁打にも4本差とした。4打数2安打2打点1四球で打率.200。「昨日から状態はいい感じに。ちょっとずつですけど、そう感じていたので、今日はそれがもう少し良くなった感じかなと思います。初球からいいスイングができてよかった。打った瞬間に入ると思いました」と振り返った。

 大谷の4試合ぶりアーチは、2点を追う6回1死一塁だった。4番手右腕トリビーノの初球、95.8マイル(約154.2キロ)のツーシームを捉えた。バックスクリーン右へ飛び込む同点の4号2ラン。打球速度は110マイル(約177.7キロ)、飛距離417フィート(約127.1メートル)、打球角度23度の弾丸ライナーは、日本人メジャー通算600号のメモリアル弾となった。

 4回1死一塁では左腕マクファーランドから右前二塁打を放った。対左投手には今季12打席目で初安打。今季3本目の二塁打と合わせ、2試合連続マルチ安打となった。また、この試合ではレンドンに2号2ラン、トラウトには6号2ランと勝ち越し7号ソロが飛び出しており、強力打者トリオ揃い踏み。トラウタニ弾は今季初だった。「素晴らしい選手ですし、近くで見られて選手で勉強させてもらっている。1個でも多く学んでいきたい。それはチームのためにもなる」と前を向いた。

 初回1死で四球を選び、3回無死一、二塁は遊ゴロだった。開幕2戦目から打率1割台だったが、チーム17試合目でようやく打率2割に乗せた。今季の残り試合で打者専念する大谷が状態を上げてきた。チームは最大5点差をひっくり返して10-9で打ち勝ち、連敗を3で止めた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY