「どんだけ早くスタンドへ消えたんだ」大谷翔平の弾丸2ランに名物解説も唖然失笑

6回に同点の4号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
6回に同点の4号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日本人通算600本塁打のメモリアル弾「無駄な動きは一切ありません」

■エンゼルス 10-9 アスレチックス(日本時間11日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で先発出場。4回1死一塁で右前二塁打を放つと、6回1死一塁で同点の4号2ランを放った。日本人通算本塁打では4位の井口資仁(現ロッテ監督)に並んで通算44本塁打。日本人通算600号のメモリアル弾だった。

 4試合ぶりアーチは、2点を追う6回1死一塁だった。4番手右腕トリビーノの初球、95.8マイル(約154.2キロ)のツーシームを捉えた。バックスクリーン右へ飛び込む同点の4号2ラン。打球速度は110マイル(約177.7キロ)、飛距離417フィート(約127.1メートル)、打球角度23度の弾丸ライナーだった。

 地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」の実況は「ビッグフライ!」でお馴染みのビクター・ロハス氏。解説はエンゼルスOBのマーク・グビザ氏の名物コンビだった。ロハス氏が「強烈な打球が右中間へ。ラウレアーノが打球を見送ります。ビッグフライ、オオタニさん! 9-9で同点になりました」と伝えると、グビザ氏はあっけに取られて思わず笑ってしまった。

「あの打球はどんだけ早くスタンドへと消えていったんだ」

「あのスイングに無駄な動きは一切ありません。ショウヘイ!」

 4回1死一塁ではマクファーランドから右前二塁打。対左投手には今季12打席目で初安打となった。序盤から打率1割台と低迷していたが、打率2割に回復。打者・大谷が状態を上げてきている。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY