中日・根尾が待望のプロ初安打 9回に広島・ジョンソンから右前打

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】
中日・根尾昂【写真:荒川祐史】

第5打席までは4打数無安打に倒れていた

■広島 – 中日(11日・マツダスタジアム)

 中日の根尾昂内野手が11日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦に「2番・中堅」で先発出場し、9回の第5打席でプロ初安打となる右前打を放った。

 5試合ぶりとなる今季4度目のスタメン出場となった根尾。4打席凡退に倒れたあとの9回無死一塁から広島のDJ・ジョンソン投手の初球を捉えて、ライト前に運んだ。その後満塁となり、ビシエドの右前適時打で生還。8点目のホームを踏み終盤のダメ押しに貢献した。

 今月4日から6日のDeNA戦では3戦連続スタメン出場も、8打席無安打。9日の巨人戦、10日の広島戦は代打で出場も快音はなかったが、プロ17打席目でようやくファン待望の初ヒットが飛び出した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY