野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2回までにオリ山本から5点奪った鷹打線 工藤監督が「2番・柳田」に込めた狙いは?

11日に行われた本拠地PayPayドームでのオリックス戦に8-7で逆転勝ちしたソフトバンク。この日のヒーローは柳田悠岐外野手だった。逆転の3ランを放つなど、2本塁打5打点と申し分のない大活躍だった。

11日のオリックス戦で2本塁打と活躍したソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
11日のオリックス戦で2本塁打と活躍したソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

1番に周東、2番に柳田を置く新オーダーを組んだ工藤監督

■ソフトバンク 8-7 オリックス(11日・PayPayドーム)

【動画】いつ落ちてくる? 高~く舞い上がったその時間は約7秒! ソフトバンク柳田悠岐が放った13号2ランの映像

 11日に行われた本拠地PayPayドームでのオリックス戦に8-7で逆転勝ちしたソフトバンク。この日のヒーローは柳田悠岐外野手だった。逆転の3ランを放つなど、2本塁打5打点と申し分のない大活躍だった。

 柳田はこの日「2番・中堅」でスタメン出場した。2番での起用は6月30日の日本ハム戦以来で今季4試合目だった。過去の3試合は1番に栗原が入ったが、この日の1番は周東。そして、3番に中村晃、4番に栗原と、ここ最近のクリーンナップをそのまま1つずつ打順を繰り上げる形となった。

 この新打線がいきなり機能した。初回1死から柳田が右前安打で出塁し、中村晃が先制の2ラン。さらに5番明石の適時二塁打でもう1点追加し、オリックス先発の山本から初回にいきなり3点を奪い取った。2回には2死から周東が右前安打で出塁。足でプレッシャーをかけて二塁への盗塁を決めると、柳田が13号2ラン。2回までに5点を奪い取った。

 そして逆転され1点ビハインドとなった6回には、8番の川瀬、9番の松田宣が四球を選んで上位打線に繋ぎ、柳田が逆転の14号3ラン。新たに組んだ1番から5番までの上位打線で全8得点を叩き出した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」