野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

どうやって抑えれば? 鷹・柳田、地面スレスレ”技あり”安打にファンも唖然

ソフトバンクの柳田悠岐外野手のバットが止まらない。12日に本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦。2試合連続で2番でスタメン出場した柳田は5打数3安打と2試合連続の猛打賞とし、打率は驚異の.391まで上昇した。

地面スレスレのボールをヒットにしたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
地面スレスレのボールをヒットにしたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

片手1本での本塁打など衝撃的な打撃を続けている柳田悠岐

■ソフトバンク 6-0 オリックス(12日・PayPayドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手のバットが止まらない。12日に本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦。2試合連続で2番でスタメン出場した柳田は5打数3安打と2試合連続の猛打賞とし、打率は驚異の.391まで上昇した。

 前日11日の同戦では右手1本での逆転3ランを含む2本塁打を放った柳田。この日は4回の第2打席で低めの変化球に軽くバットを合わせる、まさに“技あり”の一打で中前安打とすると、6回には泳ぎながらも片手1本で右中間を破る三塁打。7回の第4打席でも右前安打を放った。

 止まるところを知らない柳田のバット。この日の技ありの安打に注目した「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルは「【超難問】『一体、柳田悠岐のどこに投げれば良いのでしょうか』」と題して、動画で紹介。安打製造機のような華麗なバット捌きにファンからは驚愕の声が上がった。

「投げるコースはありません」「敬遠しか有効策なさそうとかバリーボンズやん笑」「全盛期のイチロー状態やん」「解なし」「投げずに申告敬遠というルールをオススメします」「まじの化け物」とファンの声は、まさにお手上げ状態。打率4割に迫る柳田の勢いはどこまで続いていくのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」