野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ痛恨の逆転負けで今季ワースト7連敗&借金14 鷹柳田が試合を決める圧巻の15号3ラン

オリックスが痛恨の逆転負けを食らい、今季ワーストタイの7連敗となった。14日、敵地PayPayドームでのソフトバンク戦に1-4で敗戦。初回に1点を先制するも、その後は追加点が奪えず。先発の山崎福が8回まで1失点と好投するも援護できずに見殺しにした。これで借金は今季最多の14となった。

勝ち越し3ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
勝ち越し3ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

オリ山崎福は8回まで1失点の好投もホークス柳田の一発に泣く

■ソフトバンク 4-1 オリックス(14日・PayPayドーム)

【動画】球団公式も「バケモン…」と驚愕 鷹・柳田の15号勝ち越し3ランはまたまた驚愕“技あり”弾!

 オリックスが痛恨の逆転負けを食らい、今季ワーストタイの7連敗となった。14日、敵地PayPayドームでのソフトバンク戦に1-4で敗戦。初回に1点を先制するも、その後は追加点が奪えず。先発の山崎福が8回まで1失点と好投するも援護できずに見殺しにした。これで借金は今季最多の14となった。

 泥沼の連敗街道から抜け出せない。初回、宗、吉田正の連続二塁打で幸先良く1点を先制したオリックス。山崎福がその裏にすぐ同点とされたが、その後は粘りのピッチングを見せてソフトバンク打線を封じた。だが、肝心の打線が援護できなかった。

 痛いミスも出た。6回だった。先頭のT-岡田が右中間を破る二塁打を放った。さらに2番手・津森の牽制球で無死三塁に。だが、伏見、ロドリゲスが凡退。安達が四球を選び、2死一、三塁として代打・西村を送ったが、その2球目にダブルスチールを仕掛けて失敗した。

 捕手の甲斐の擬投に誘い出されて、三塁走者のT-岡田が飛び出した。あえなく挟殺されて、千載一遇のチャンスは消えた。すると8回に柳田に右翼スタンドへの勝ち越し3ランを浴びた。これでオリックスはソフトバンクに7連敗。今季は1勝9敗となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」