大谷翔平、新庄剛志に並ぶ通算215安打 最強左腕カーショーには3打席凡退でチーム2連敗

本拠地でのドジャース戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
本拠地でのドジャース戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

9回の左翼線二塁打で日本人歴代10位タイの通算215安打をマークした

■ドジャース 7-4 エンゼルス(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地のドジャース戦で「5番・指名打者」で8試合連続先発出場。3打席凡退で迎えた9回の第4打席で左翼線二塁打を放った。メジャー通算215安打として日本人歴代10位の新庄剛志に並んだ。4打数1安打1得点で打率.214。チームは4-7で敗れ、2連敗となった。

 通算170勝左腕カーショーと公式戦初対戦した。2回無死一塁はニゴロ併殺打。5回無死、7回2死一塁と2打席連続でニゴロに打ち取られたが、4番手右腕トライネンが救援した9回1死の第4打席で意地を見せた。内角スライダーを左翼線二塁打。2試合ぶりの安打をマークした。

 新庄は01年からメッツ、ジャイアンツ、メッツとメジャーで3年間プレー。通算303試合に出場して215安打を記録した。この日、大谷は打者として通算224試合目の出場。古巣・日本ハムの先輩よりも速いペースで“到達”した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY