野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人は「難しい球に手を出した」 専門家が語る中日ロドリゲスに手を焼いた理由

巨人は15日、本拠地で中日と対戦し、4-7で敗れた。2週連続の対戦となった中日のヤリエル・ロドリゲス投手を前に、7回まで6安打を放ちながらも1得点。8月3日に育成から支配下登録された23歳のキューバ人助っ人に来日初勝利を献上した。現役時代、巨人で活躍した元楽天ヘッドコーチの野球評論家、松本匡史氏は、巨人打線が2試合続けてロドリゲスを攻略できなかった理由について「難しい球に手を出し、ボールを見極められていない」と明かした。

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

巨人で活躍し、楽天ヘッドコーチを務めた松本匡史氏が解説

■中日 7-4 巨人(15日・東京ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人は15日、本拠地で中日と対戦し、4-7で敗れた。2週連続の対戦となった中日のヤリエル・ロドリゲス投手を前に、7回まで6安打を放ちながらも1得点。8月3日に育成から支配下登録された23歳のキューバ人助っ人に来日初勝利を献上した。現役時代、巨人で活躍した元楽天ヘッドコーチの野球評論家、松本匡史氏は、巨人打線が2試合続けてロドリゲスを攻略できなかった理由について「難しい球に手を出し、ボールを見極められていない」と明かした。

 来日初登板となったロドリゲスに6回まで無安打に抑えられた前回8月8日の対戦に続き、巨人打線がまたも同じ相手に手を焼いた。5回まで毎回安打こそ放ったものの、奪った得点は4回の吉川尚の適時打の1点のみ。最速156キロの直球と2種類のスライダーを織り混ぜるキューバ代表右腕をこの日も攻略することはできなかった。

 松本氏はロドリゲスの特徴についてこう語る。

「直球は勢いがあるが、指が縫い目にかかっておらず、ツーシームのような握りなので、少し動いているのではないでしょうか。スライダーは縦に落ちるスライダーと、腕を少し下げて投げる横滑りするスライダーの2種類。それが彼の武器だと思う。コントロールは良さそうで良くないので、狙い球を絞りづらい。それが、難しい球に手を出して打ち取られてしまうことにつながっている」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」