野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「男は黙って栗山巧」西武の36歳ベテランによる映画みたいな“確信歩き”にファンうっとり

西武の頼れる中心として、今季も活躍を見せるベテラン栗山巧外野手。ここまで47試合に出場して打率.312、6本塁打32打点と、苦しむ山賊打線の中で気を吐く、申し分のない活躍を見せている。

西武・栗山巧【画像:パーソル パリーグTV】
西武・栗山巧【画像:パーソル パリーグTV】

16日の楽天戦で3回に右翼スタンドへの3ランを放った栗山

 西武の頼れる中心として、今季も活躍を見せるベテラン栗山巧外野手。ここまで47試合に出場して打率.312、6本塁打32打点と、苦しむ山賊打線の中で気を吐く、申し分のない活躍を見せている。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 その栗山が見せた格好良すぎる“確信歩き”がファンの間で反響を呼んだ。16日に本拠地メットライフドームで行われた楽天戦。この日「5番・左翼」で出場した栗山はまず初回にロメロの痛烈な左飛をジャンピングキャッチで捕球するファインプレーを見せて、ファンを沸かせた。

 そして2点リードで迎えた3回無死一、二塁での第2打席。楽天先発の福井が投じたインコースのボールを捉えると、打球は一直線に右翼ポール際スタンド中段に突き刺さった。打った瞬間に本塁打と分かる完璧な一振り。栗山は“確信歩き”で打球の行方を見送った。

 このベテランの“確信歩き”に「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルも「栗山巧が見せた【映画のワンシーンみたいな“確信歩き”】」と題して、この場面を動画で紹介。ファンからは「男は黙って栗山巧!!!!」「全ての意味でイケメンなんだよなあ」「これは誰でも酔いしれる」「かっこよすぎでしょ…」「男だけどマジで惚れる」とのコメントが並んでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」