野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム育成選手が“7冠王”、阪神井上4本塁打…2軍で好成績残す期待の星は?

6月19日に開幕し、早くも2か月ほどが経過したプロ野球。セ・リーグは巨人が首位を快走し、パ・リーグではソフトバンクと楽天が激しく首位の座を争っている。

日本ハム・樋口龍之介【写真:石川加奈子】
日本ハム・樋口龍之介【写真:石川加奈子】

日本ハムの樋口は本塁打や打率、打点、出塁率などでリーグトップ

 6月19日に開幕し、早くも2か月ほどが経過したプロ野球。セ・リーグは巨人が首位を快走し、パ・リーグではソフトバンクと楽天が激しく首位の座を争っている。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が遅れて120試合制で行われる2020年シーズン。レギュラーシーズンは11月初旬まで予定されており、残り2か月半ほどが残されている。

 今季は連戦が続くだけに選手への負担も大きい。チームとしての選手層の厚さもペナントレースの行方を大きく左右すると見られている。では、各球団のファームで結果を残す楽しみな選手はどれだけいるのか。ファーム成績から今後が楽しみな野手を探ってみよう。(成績は17日時点)

・日本ハム:樋口龍之介内野手、海老原一佳外野手

 イースタン・リーグで一際目を引く好成績を残しているのが日本ハムの育成選手2人。樋口はリーグトップの9本塁打、海老原がこれに続く8本塁打を放っている。特に樋口は本塁打のほかに打率、出塁率、長打率、打点、安打数、二塁打数などもリーグトップだ。2018年のドラフトで初めて育成選手を指名した日本ハム。その第1号が海老原で、樋口は2期生となる。早期の支配下昇格の可能性もあり得るだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」