野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、ノーノー逃し「残念だった」 4勝目消滅もチームのサヨナラ勝ち喜ぶ

前田健太、ノーノー逃し「残念だった」 4勝目消滅もチームのサヨナラ勝ち喜ぶ

ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発し、9回途中1安打1失点12奪三振の好投を見せた。8回まで無安打の快投を見せたが、9回に安打を許して降板。試合後、米メディアのインタビューに対して「ノーヒットノーランできなかったのは残念だったけど、すごくいいピッチングができたし、最後にチームが勝って良い1日になったと思う」と振り返った。

本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

前回の変化球中心の配球から一転、真っ直ぐ軸に「うまく裏をかくことができた」

■ツインズ 4-3 ブルワーズ(日本時間19日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発し、9回途中1安打1失点12奪三振の好投を見せた。8回まで無安打の快投を見せたが、9回に安打を許して降板。試合後、米メディアのインタビューに対して「ノーヒットノーランできなかったのは残念だったけど、すごくいいピッチングができたし、最後にチームが勝って良い1日になったと思う」と振り返った。

 前田は初回、1死からイエリッチに四球を与えたものの、無失点の立ち上がりを見せると、ブルワーズ打線を手玉に取った。2回から7回まで6イニング連続で3者凡退に仕留め、3回1死から5回を終えるまではツインズの球団新記録となる8者連続奪三振。8回1死まで21打者連続アウトと驚異のピッチングを展開した。

 8回を投げ終えたところで球数は113球に達していたが、9回もマウンドへ。だが、先頭のソガードに安打を許して、ノーヒットノーランの快挙達成はならず。ここで前田はマウンドを降板。8回0/3を投げて1安打2四球、12三振を奪う好投だった。

 前田の後を受けたロジャースが同点に追いつかれて前田の4勝目は消滅。それでもツインズは延長12回でサヨナラ勝ちを収めた。試合後、試合を中継した地元テレビ局「FOXスポーツ・ノース」のインタビューに対して前田は「勝てると信じて、チームが勝つことが1番だから勝つと信じて見ていました」と、チームの勝利を喜んだ。

 ノーヒット投球であることは5回終了時に気付いていたというが、「いつか打たれると思っていた。まさか9回までいけると思ってなかった」と言う。2試合続けてのブルワーズとの対戦で「前回は変化球多かったし、今回もそれを狙われると思ったのでうまく裏をかくことができた」と分析。前回の変化球中心の投球から一転、ストレート中心に配球を切り替えたことを好投の要因にあげていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」